娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

    中世ヨーロッパでワインづくりを主導した修道院で、ビール造りも盛んになると、ワインは中世ヨーロッパ後期には日常の飲み物として広まりました。‭‬ 現在のような娯楽としての飲酒が発展したのはルネサンスの時代以降で、17世紀後半から、醸造技術や保存技術、瓶の製造技術がさらに向上すると、ワインの生産と流通は飛躍的に拡大しました。   ルネサンスは14世紀にイタリアで始ま […]
おかしい人

おかしい人

  世界はおかしくなっている。 いまに始まったことではないが、いま思うと、このおかしさはずいぶん前から始まっていた。   たとえば町の人。 もう10年以上前のことだ。繁華街の、人ひとりやっと通れる細い歩道を、他人A、わたし、他人Bの順で並んで自転車をこぐことになった。 他人ABはカップルで、わたしと面識はもちろんない。 うっかりカップルに割り込んでしまったのだ。 気づいたときに […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

    ボルドーの5大シャトーと並び、世界最高峰のワインとして知られるのがロマネ・コンティです。 ロマネ・コンティは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有する畑とそこからつくられるワインの名前です。 畑はフランスのブルゴーニュ地域圏ヴォーヌ・ロマネ村にあり、ワインはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOCヴォーヌ・ロマネ)におけるグラン・クリュ(特級)に格 […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

  現在、ボルドーワイン「5大シャトー」のうち、2つがロスチャイルド家の所有です。 そのうち、シャトー・ムートン・ロートシルトは、1853年、ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが購入したものです。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1868年、マイヤー・ロスチャイルドの五男ジェームスが購入したものです。 1855年の格付けでは、ラフィットが1級、ムートンが2級を得ました。 &n […]
Latest entries
嘘

  嘘をついている人を見た。 一見するとよいように見えたが、じろじろ見たらぜんぜんよくなかった。 その嘘は、一度つくとそのあとのすべてが嘘になる嘘だった。 他人にも嘘をつかせることで嘘をつきづつけていた。   その嘘つきのの周りには、でもたくさんの人がいた。 にこにこと嘘をつく人を褒めたたえていた。 嘘つきは上機嫌になっていた。 それを見て、この人が終わるときは嘘がばれるときだ […]
旅先の荷物

旅先の荷物

真夜中、星を見あげていたら、辺りが霧で満ちていた。 真上にとどまる月を覆う、霧のひと粒ひと粒が明かりを吸って夜を満たしていた。 だれもいなくて、しん、という音だけがあって、べつな世界にきたみたいだった。 もし、このまま家に帰れなかったらどうなるだろうと思った。   むかし、荷物が多くて、旅行のときに苦労した。 小学校の修学旅行にはぬいぐるみをもっていって親にあきれられたし、学生の頃、友人 […]
お腹がすいた

お腹がすいた

  お腹がすいた。 日本語でいうと、もともと満たされた胃袋があって、それが空になっていく感じがする。 喉がかわいた、も、もともとしっとりと潤った喉から、水分が蒸発していく感じが。 眠い、は、眠気を催す、眠気に襲われる、ともいうから、お腹がすいた、喉が渇いた、と同様、それは自分の意思では抗えないなにかであるように感じる。 英語の、I’m hungry、I’m thi […]
はながみ

はながみ

    小学校にあがってすぐの頃、退屈だった。 保育園が快適だったとはいえないが、それまで過ごしていた場所とはちがう場所に、かつ知らない人がたくさんいるところに、毎日長時間行かなければならないことに馴染めなかった。 その知らない人たちとおなじ方を向いてすわり、一斉におなじことをしなければならないことにはもっと馴染めなかった。   チャイムが鳴ったらどこからともなく大人 […]
根なし草

根なし草

  とあるスポーツ選手の対談動画を見た。 おなじチームに所属していた外国人のふたりが、引退して数年たったあと、その国の言語で対談するものだった。 高いところにある、遠くまで見渡せるよく晴れたテラスで、奥にうっすらと糸杉が立ち並んでいた。 くっきりとした屋根の影から、空気が乾いていることが伝わって、相槌のあいまに飲むコップの水がとても正しい飲み物に見えた。 その向こうでパトカーのサイレンが […]