娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

    中世ヨーロッパでワインづくりを主導した修道院で、ビール造りも盛んになると、ワインは中世ヨーロッパ後期には日常の飲み物として広まりました。‭‬ 現在のような娯楽としての飲酒が発展したのはルネサンスの時代以降で、17世紀後半から、醸造技術や保存技術、瓶の製造技術がさらに向上すると、ワインの生産と流通は飛躍的に拡大しました。   ルネサンスは14世紀にイタリアで始ま […]
おかしい人

おかしい人

  世界はおかしくなっている。 いまに始まったことではないが、いま思うと、このおかしさはずいぶん前から始まっていた。   たとえば町の人。 もう10年以上前のことだ。繁華街の、人ひとりやっと通れる細い歩道を、他人A、わたし、他人Bの順で並んで自転車をこぐことになった。 他人ABはカップルで、わたしと面識はもちろんない。 うっかりカップルに割り込んでしまったのだ。 気づいたときに […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

    ボルドーの5大シャトーと並び、世界最高峰のワインとして知られるのがロマネ・コンティです。 ロマネ・コンティは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有する畑とそこからつくられるワインの名前です。 畑はフランスのブルゴーニュ地域圏ヴォーヌ・ロマネ村にあり、ワインはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOCヴォーヌ・ロマネ)におけるグラン・クリュ(特級)に格 […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

  現在、ボルドーワイン「5大シャトー」のうち、2つがロスチャイルド家の所有です。 そのうち、シャトー・ムートン・ロートシルトは、1853年、ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが購入したものです。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1868年、マイヤー・ロスチャイルドの五男ジェームスが購入したものです。 1855年の格付けでは、ラフィットが1級、ムートンが2級を得ました。 &n […]
Latest entries
景色

景色

写真が好きだった。 学生の頃、使い捨てカメラや、フィルムカメラや、ポラロイドカメラで、とりとめないものばかり撮った。 父が亡くなったとき、遺品で一眼レフカメラをいくつかもらったが、どれも重すぎて使いこなせなかった。 いま手元にあるのは、片手でももてる軽量の一眼レフ。 使い勝手がいいというのはものをもつ上で大事なことだ。   雑誌、ともいえない紙の綴りを、友人たちとつくって回覧していたこと […]
サーカス小屋

サーカス小屋

    掃除機をあたらしくした。 というより、もう一台、二階用に買った。 家に掃除機が二台だなんて、大きな家の人がすることみたいで自分には不釣り合い、あるいは、掃除のたびに一階からもってくるのを面倒だと思う怠惰がよくないのだと思っていた。 けれど、思い切って買ってよかった。 あたらしい掃除機は、自分を客観的に見る機会を与えてくれる。   まず、軽い。 スティック型で軽 […]
失敗の効用

失敗の効用

  失敗した、と思うと動きが止まる。 このまま動きつづけて失敗を増やすより、じっとして失敗を増やさないことの方がまだましだと思うのだ。 でもふりかえると、失敗したと思った分、人生は豊かになってきた。 失敗とは、「方法がまずかったり情勢が悪かったりで、目的が達せられないこと」で、その説明文を見る限りでは、では方法を変えてみればよい、という考えに素直になる。 けれど、いざ現実で失敗したと思う […]
音とことば

音とことば

  きれいな音楽は、心をつよくする。 がんばりなさい、とささやかれているような気になると、ほんとうにがんばれるし、がんばれば感動する。 むかしはもっとがんばり屋だったはずなのに、どうしてこんなに怠惰になってしまったのだろうと思った。   小学生の頃、担任の先生に渾身の詩で鼻をかまれたことは絶望的だった。 生きていてもたのしいことはないと思っていた。 10歳までも生きるのも億劫だ […]
頼るということ

頼るということ

  頼ってくれればいいのに、といわれた。 むかし仕事をしていて、重いものを運んでいたとき。 いってくれれば僕が運んだのに、と、その人はいったが、わたしはなぜそんなことをいわれるのかわからなかった。 定期的に運ぶ必要があるもので、そのときはたまたまわたしが運ぶことになった。 重いとはいえ10kg程度の、距離にして10メートル程度のことで、たしかにもつことができない女性もいると思うが、わたし […]