娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

    中世ヨーロッパでワインづくりを主導した修道院で、ビール造りも盛んになると、ワインは中世ヨーロッパ後期には日常の飲み物として広まりました。‭‬ 現在のような娯楽としての飲酒が発展したのはルネサンスの時代以降で、17世紀後半から、醸造技術や保存技術、瓶の製造技術がさらに向上すると、ワインの生産と流通は飛躍的に拡大しました。   ルネサンスは14世紀にイタリアで始ま […]
おかしい人

おかしい人

  世界はおかしくなっている。 いまに始まったことではないが、いま思うと、このおかしさはずいぶん前から始まっていた。   たとえば町の人。 もう10年以上前のことだ。繁華街の、人ひとりやっと通れる細い歩道を、他人A、わたし、他人Bの順で並んで自転車をこぐことになった。 他人ABはカップルで、わたしと面識はもちろんない。 うっかりカップルに割り込んでしまったのだ。 気づいたときに […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

    ボルドーの5大シャトーと並び、世界最高峰のワインとして知られるのがロマネ・コンティです。 ロマネ・コンティは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有する畑とそこからつくられるワインの名前です。 畑はフランスのブルゴーニュ地域圏ヴォーヌ・ロマネ村にあり、ワインはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOCヴォーヌ・ロマネ)におけるグラン・クリュ(特級)に格 […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

  現在、ボルドーワイン「5大シャトー」のうち、2つがロスチャイルド家の所有です。 そのうち、シャトー・ムートン・ロートシルトは、1853年、ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが購入したものです。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1868年、マイヤー・ロスチャイルドの五男ジェームスが購入したものです。 1855年の格付けでは、ラフィットが1級、ムートンが2級を得ました。 &n […]
Latest entries
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン3

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン3

    風説の流布とインサイダー取引を得意とするロスチャイルド家の力がその格付けにつよく及び、高尚な嗜好品として世に出回っているワインですが、中世、それを権威付けしたのはカトリック教会でした。 カトリック教会はあらゆる象徴のなかでぶどうをもっとも重視し、ぶどう栽培の権威を増しました。   11世紀のある聖職者は、こう語ったといいます。 「威厳ある姿のニレの木は実をつけ […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン2

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン2

  フランス革命以前のルイ14世の時代、ブルゴーニュワインは宮廷御用達になりました。 中世、ワイン用のブドウ畑を持っていたのは修道院や教会でした。教会の儀式や旅人の接待でワインが必要だったためです。 また宿泊施設業が未発達だったため、王侯貴族が旅行をする際は、修道院や教会、司教の元に宿泊することが多かったそうです。 そして、彼らへの接待への満足度が、寄付や土地の寄進などのお礼や見返りに影 […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン

  シャンパーニュがいまほど有名になり価値を得たのは、シャンパーニュ業者によって「ステータスを示す酒」として巧みに売り込まれたからです。 フランス革命前夜からウィーン会議にかけての動乱の時代に、シャンパーニュは、うまい高価なワインとして宮廷内部で確立していきます。   1789年のフランス革命は、ルイ16世の時代に起こりました。 そのルイ16世の王妃が、「美貌、純情な反面、軽率 […]
嘘と麻酔

嘘と麻酔

  以前、お酒をのむ習慣があった。 お酒をのみたかった理由はいくつかあるけれど、そのひとつが知的好奇心だった。 厳密にはお酒をのみたかったのではなく、満たされることを望んでいたわけで、いま思うお酒でなくてもよかったとわかるのだが、あのときはワインでそれが叶うと思えた。 あれが初めてワインをのんだときではなかったが、ワインを知ろうとすることはものを知ることで、その後の人生を充実して過ごすこ […]
ぜいたくな夢

ぜいたくな夢

  暑いので、メロンがおいしい。 何度も噛みくだかなくとも、上あごと舌で押しつぶすとすぐさま果汁になってからだに沁みわたるるような果物は、いかにも果物を食べている気になってぜいたくだ。 わたしにとってのぜいたくな果物は概して夏の果物に多く、それはきっと、雪国で生まれ育ったことと関係していると思う。   ぜいたくな気持ちになったせいか、むかし見たぜいたくな夢を思いだした。 断片的 […]