娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

    中世ヨーロッパでワインづくりを主導した修道院で、ビール造りも盛んになると、ワインは中世ヨーロッパ後期には日常の飲み物として広まりました。‭‬ 現在のような娯楽としての飲酒が発展したのはルネサンスの時代以降で、17世紀後半から、醸造技術や保存技術、瓶の製造技術がさらに向上すると、ワインの生産と流通は飛躍的に拡大しました。   ルネサンスは14世紀にイタリアで始ま […]
おかしい人

おかしい人

  世界はおかしくなっている。 いまに始まったことではないが、いま思うと、このおかしさはずいぶん前から始まっていた。   たとえば町の人。 もう10年以上前のことだ。繁華街の、人ひとりやっと通れる細い歩道を、他人A、わたし、他人Bの順で並んで自転車をこぐことになった。 他人ABはカップルで、わたしと面識はもちろんない。 うっかりカップルに割り込んでしまったのだ。 気づいたときに […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

    ボルドーの5大シャトーと並び、世界最高峰のワインとして知られるのがロマネ・コンティです。 ロマネ・コンティは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有する畑とそこからつくられるワインの名前です。 畑はフランスのブルゴーニュ地域圏ヴォーヌ・ロマネ村にあり、ワインはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOCヴォーヌ・ロマネ)におけるグラン・クリュ(特級)に格 […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

  現在、ボルドーワイン「5大シャトー」のうち、2つがロスチャイルド家の所有です。 そのうち、シャトー・ムートン・ロートシルトは、1853年、ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが購入したものです。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1868年、マイヤー・ロスチャイルドの五男ジェームスが購入したものです。 1855年の格付けでは、ラフィットが1級、ムートンが2級を得ました。 &n […]
Latest entries
vol.4『天皇がわかれば日本がわかる』と「天命を受けた地上の統治者」の大暴走

vol.4『天皇がわかれば日本がわかる』と「天命を受けた地上の統治者」の大暴走

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.4です。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3   なぜ中国人は日本人を憎むのか。 日本ほど素晴らしい国のどこに他国に憎まれる筋合いがあるのか。 素晴らしいはずの日本において、しかしなぜルールを守らず、自分のミスを部下に尻ぬぐいさせ、罪と過ちの意識がない人が人の上に立ち権威 […]
vol.3『最終目標は天皇の処刑』と中国共産党による浸透工作

vol.3『最終目標は天皇の処刑』と中国共産党による浸透工作

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.3です。 ・vol.1 ・vol.2   日本人であること、あるいはなに人であるかがわからないために親しみ方がわからないことはあるにせよ、日本人だという理由だけで嫌悪されるとは思ったことがなかった。 「日本」と「嫌悪」という単語はそれまで結びつかなかったけれど、中国の空港で中国 […]
vol.2『中国人韓国人にはなぜ「心」がないのか』とダブルブッキング

vol.2『中国人韓国人にはなぜ「心」がないのか』とダブルブッキング

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.2です。 ・vol.1   中国の飛行機に乗り継いだとき、チェックインカウンターで、乗り継ぎの搭乗口には2時間前にくるようにといわれていた。 でも空港内を見物するうちに時間に遅れ、搭乗口に着いたのは1時間前だった。 とはいえ、出発の1時間前だった。 だからなんの問題もないと思っ […]
vol.1『朝鮮事情』と物乞い女優

vol.1『朝鮮事情』と物乞い女優

    『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、たくさんの文献・資料を引用・参考にしました(巻末に一覧を掲載しています)。 ここからしばらくは、引用・参考にした文献・資料を(内容とは直接関係のない話も併せて)いくつか紹介いたします。   安倍晋三は、よく「息を吐くように嘘をつく」といわれるが、そんな性質が同じ人間で本当に起こり得るのだろうかとずっと訝っていた。 人 […]
『そして安倍晋三は終わった』刊行のお知らせ

『そして安倍晋三は終わった』刊行のお知らせ

  いまの日本はなにかがおかしい。 なにかがおかしいのははっきりしているのだけれど、そのおかしさを言葉にしようとするとうまく言えない。 安倍晋三をキーワードに、そのおかしさの原因について考えました。 そして、『そして安倍晋三は終わった』(電子書籍版上下巻)ができあがりました。 (電子書籍版上下巻を1冊にしたPOD版『そして安倍晋三は終わった―天命を受けた世界の中心を自称し暴走する中国と一 […]