『食の歴史』と国民を食らって生き延びる日本

『食の歴史』と国民を食らって生き延びる日本

  ヒトはヒトを食べてきた。 それを正当化するための心理的な理由(愛ゆえだとかなんとか)は、しかしヒトならなおさら、そんなものは言い訳だとわかるはずで、なぜ理性をもって止めることができないのだろう。 危機的状況においてはともかく、生贄や人身供養など、目的が死なないためではなく、生きている人間がよりよく生きるためにほかの人間に生きることを強制的に止めさせるというのは利他主義の強要で、その歪 […]
「ラビと村人」と人びとを無知のままにしておきたい独裁者

「ラビと村人」と人びとを無知のままにしておきたい独裁者

  2020年2月、中国では、すべての宗教活動が国家の管理下に入るという法律「宗教団体管理弁法」が制定された。 以前から当局の許可なしには聖書の学習会もできず、許可を得るためには当局が認めた宗教指導者のもとで当局認定の聖書を使う必要があったことが、正式に法律で定められたものだ。 中国政府から宗教団体の公認を受けた教会は、牧師や神父が説教の中で共産党をたたえることや、政府幹部との会食に参加 […]
「動物の王になりたかった蛇」と、人類の王になりたかった中国共産党

「動物の王になりたかった蛇」と、人類の王になりたかった中国共産党

  紀元前20世紀、中国の歴史に、突如「九夷」という異国人が現れた。 九夷には、旧約聖書に書かれているイスラエル12部族との共通点がみられた。 紀元前8世紀、西アジアでイスラエル王朝が滅亡し、逃れてきた民は中国人と合流して一大勢力となった。 紀元前6世紀の中国で、孔子はユダヤ教を儒教として編纂した。   儒教を源とする中華思想はユダヤ教が源である。 孔子は古代の夏王朝と殷王朝を […]
『儒教 怨念と復習の宗教』と、みじめな孔子の復讐心による詐欺師的人生

『儒教 怨念と復習の宗教』と、みじめな孔子の復讐心による詐欺師的人生

  新型コロナウィルスの感染は、オリンピックが延期になり中止を免れたとたん、東京都で多数の感染者が現れるようになった。 発生源の中国・武漢では、5日連続で新たな感染者はいないと発表している一方、移動制限を解かれた中国湖北省の市民の入境を拒む江西省で、両省の警察が衝突を起こしている。 起きていることから想像すれば、東京都はオリンピックのためにその数を隠ぺいしていたのだろうし、湖北省でも感染 […]
戦時統制命令という名の個人財産徴用とカルト宗教における献金推奨、および自分自身が神に等しいと自称する者の正体

戦時統制命令という名の個人財産徴用とカルト宗教における献金推奨、および自分自身が神に等しいと自称する者の正体

  中国・武漢発の謎の肺炎は世界中に感染者を増やしつづけ、武漢のある湖北省では中国史上初めてとなる「戦時統制命令」が発令された。 また湖北省に次ぐ新型コロナウィルスの流行地域となっている広東省は、人民代表大会常務委員会による緊急会議で「新型コロナウイルス防疫工作を全力でこなすための決定」が通過し、企業や個人の不動産、交通道具、設備などの徴用を可能にすることを決定した。 この決定に基づき、 […]
『そして安倍晋三は終わった』単行本発売のお知らせ

『そして安倍晋三は終わった』単行本発売のお知らせ

  『そして安倍晋三は終わった』(電子書籍版上下巻)は、2020年2月1日にPOD版単行本として刊行されます。 ご購入はAmazonか、あるいは取り寄せに対応している全国の書店、または図書館で取り寄せることが可能です。 いまの日本は何かがおかしいと思っている方は、一読していただければその原因を知る一端になり得ると思うので、ぜひお手に取ってくださるとうれしいです。   多くの方は […]
vol.7『呪われた中国人』と人食い儒教の国・中国、および日本に浸透する儒教思想

vol.7『呪われた中国人』と人食い儒教の国・中国、および日本に浸透する儒教思想

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.7です。 vol.6までは以下からごらんください。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5 ・vol.6   儒教は人食い教である。 『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』の黄文雄は、『呪われた中国人』でこうも書いている。 […]
vol.6『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』と中国・武漢で相次ぐ原因不明の肺炎

vol.6『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』と中国・武漢で相次ぐ原因不明の肺炎

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.6です。 vol.5までは以下からごらんください。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5   日本が「近代国家」に生まれ変わる発端となった明治維新は、教科書やテレビでいわれるような美しいものではなく、実体は吉田松陰らが松下村塾で共有した儒教的思想 […]
vol.3『最終目標は天皇の処刑』と中国共産党による浸透工作

vol.3『最終目標は天皇の処刑』と中国共産党による浸透工作

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.3です。 vol.2までは以下からごらんください。 ・vol.1 ・vol.2   日本人であること、あるいはなに人であるかがわからないために親しみ方がわからないことはあるにせよ、日本人だという理由だけで嫌悪されるとは思ったことがなかった。 「日本」と「嫌悪」という単語はそれま […]
Latest entries
『中国が世界地図から消える日 狡猾な中国ネズミは沈み行く船から逃げ出し始めた』と衛生観念の欠如による滅亡をくり返す国

『中国が世界地図から消える日 狡猾な中国ネズミは沈み行く船から逃げ出し始めた』と衛生観念の欠如による滅亡をくり返す国

  たとえば、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅からの外出制限が続く中国湖北省武漢市青山区で、住民への食肉を運搬するためにごみ収集車が使われたこと。 あるいは、生きたまま臓器を取りだされてオンデマンドで臓器移植に使われ、中国政府が関与していることが世界の議会で指摘されている臓器狩り。 そもそも、「ジビエよりジビエ」といわれるヘビやネズミ、野生のサルまで食べてしまう中国人の食習慣。 […]
「欧州の武漢」になった北部イタリアと、イタリアからグランデ・ウッフィチャーレを授与された創価学会会長・池田大作、北海道でアイヌ新法を推進した公明党、中国人による北海道の土地買収を後押しする自民党幹事長

「欧州の武漢」になった北部イタリアと、イタリアからグランデ・ウッフィチャーレを授与された創価学会会長・池田大作、北海道でアイヌ新法を推進した公明党、中国人による北海道の土地買収を後押しする自民党幹事長

  武漢発新型コロナウィルスは、なぜ発生したかはともかく、感染が世界中に拡大したのは中国政府が最初の時点で情報を隠ぺいしたことに大きな原因がある。 情報を隠蔽する中国政府のからの情報を土台にした対策をとった国ではつぎつぎと感染者を増やしたが、なかでもイタリアは感染者が1万5000人、死者は1万人を超え、中国本土以外では最多となっている。 国土面積は30万平方キロメート強と日本の約 0.8 […]
『習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望』と中国が日本に絶対負けたくない理由

『習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望』と中国が日本に絶対負けたくない理由

  どうやら中国では、武漢発の新型コロナウィルスのあらたな感染者が減っているらしい。 それが事実なら素晴らしいことだが、事実と異なるなら、それを世界に伝わるニュースにしてしまえることがひどく恐ろしい。 そして『習近平の「反日」作戦 中国「機密文書」に記された危険な野望』には、中国の日本の乗っ取り計画と、そのための情報統制は習近平の「七不講」という通達のひとつである旨が書いてある。 &nb […]
『そして安倍晋三は終わった』無料キャンペーンのお知らせ

『そして安倍晋三は終わった』無料キャンペーンのお知らせ

  電子書籍版『そして安倍晋三は終わった』は、2020年3月11日より5日間、無料キャンペーンを実施いたします。 この機会にどうぞ全編をご覧ください(画像、テキストをクリックすると商品ページに移動します)。   『そして安倍晋三が終わった 上』   『そして安倍晋三は終わった 下』   人生は、思いもしなかった出来事が起こるものです。 新型コロナウィルスの世 […]
父性にしかできないこと

父性にしかできないこと

  安倍晋三が要請した一斉休校により、多くの国民が知るところとなったのは、日本政府はいかに日本国民を大切に思っていなかったかということだ。 企業に対しては労働者が有給休暇がとりやすくなるようにと促したが、つまり安倍晋三は、有休は労働者の意思によって取得するものであって国から促されて取得するものではないことを理解していなかった。 2016年の予算委員会では「安倍家の収入」の例え話で、パート […]