娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

娯楽としてのワインとボルジア家の毒薬

    中世ヨーロッパでワインづくりを主導した修道院で、ビール造りも盛んになると、ワインは中世ヨーロッパ後期には日常の飲み物として広まりました。‭‬ 現在のような娯楽としての飲酒が発展したのはルネサンスの時代以降で、17世紀後半から、醸造技術や保存技術、瓶の製造技術がさらに向上すると、ワインの生産と流通は飛躍的に拡大しました。   ルネサンスは14世紀にイタリアで始ま […]
おかしい人

おかしい人

  世界はおかしくなっている。 いまに始まったことではないが、いま思うと、このおかしさはずいぶん前から始まっていた。   たとえば町の人。 もう10年以上前のことだ。繁華街の、人ひとりやっと通れる細い歩道を、他人A、わたし、他人Bの順で並んで自転車をこぐことになった。 他人ABはカップルで、わたしと面識はもちろんない。 うっかりカップルに割り込んでしまったのだ。 気づいたときに […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン6

    ボルドーの5大シャトーと並び、世界最高峰のワインとして知られるのがロマネ・コンティです。 ロマネ・コンティは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有する畑とそこからつくられるワインの名前です。 畑はフランスのブルゴーニュ地域圏ヴォーヌ・ロマネ村にあり、ワインはアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(AOCヴォーヌ・ロマネ)におけるグラン・クリュ(特級)に格 […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

  現在、ボルドーワイン「5大シャトー」のうち、2つがロスチャイルド家の所有です。 そのうち、シャトー・ムートン・ロートシルトは、1853年、ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが購入したものです。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1868年、マイヤー・ロスチャイルドの五男ジェームスが購入したものです。 1855年の格付けでは、ラフィットが1級、ムートンが2級を得ました。 &n […]
Latest entries
vol.9『日本が自滅する日「官制経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』と巨大な強盗・日本政府

vol.9『日本が自滅する日「官制経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』と巨大な強盗・日本政府

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.9です。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5 ・vol.6 ・vol.7 ・vol.8   資本主義社会とは、すべての人間が自由で平等な資格を与えられ、私有財産が認められた社会である。 社会主義社会とは、生産手段の社会的共有・管理によって、平等 […]
vol.8『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』と「善意の犠牲」を強いる天命を受けた地上の統治者

vol.8『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』と「善意の犠牲」を強いる天命を受けた地上の統治者

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.8です。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5 ・vol.6 ・vol.7   儒教は「仁義道徳」を重んじる一方で、忠誠心の証としての食人を肯定し、歴代皇帝は「天命を受けた地上の統治者」として崇められるも、現皇帝の絶対視は、その能力ではなく前皇帝 […]
vol.7『呪われた中国人』と人食い儒教の国・中国、および日本に浸透する儒教思想

vol.7『呪われた中国人』と人食い儒教の国・中国、および日本に浸透する儒教思想

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.7です。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5 ・vol.6   儒教は人食い教である。 『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』の黄文雄は、『呪われた中国人』でこうも書いている。    中国では、清朝末期まで、 […]
vol.6『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』と中国・武漢で相次ぐ原因不明の肺炎

vol.6『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』と中国・武漢で相次ぐ原因不明の肺炎

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.6です。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5   日本が「近代国家」に生まれ変わる発端となった明治維新は、教科書やテレビでいわれるような美しいものではなく、実体は吉田松陰らが松下村塾で共有した儒教的思想によるテロリズムだった。 当時掲げられた「 […]
vol.5『明治維新という過ち』と「近代日本」をつくった尊王攘夷という中華思想

vol.5『明治維新という過ち』と「近代日本」をつくった尊王攘夷という中華思想

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.5です。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4   明治維新とは、江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。 明治天皇は、倒幕・攘夷派の象徴として近代日本の指導者と仰がれているが、江戸時代は将軍が政治の舞台で […]