Author Archive
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン5

  現在、ボルドーワイン「5大シャトー」のうち、2つがロスチャイルド家の所有です。 そのうち、シャトー・ムートン・ロートシルトは、1853年、ネイサン・ロスチャイルドの三男ナサニエルが購入したものです。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1868年、マイヤー・ロスチャイルドの五男ジェームスが購入したものです。 1855年の格付けでは、ラフィットが1級、ムートンが2級を得ました。 &n […]
風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン4

風説の流布とインサイダー取引と有名ワイン4

  ナポレオン・ボナパルトは、「戦に勝った時こそ飲む価値があり、負けた時には飲む必要がある」という言葉を残すほどシャンパーニュを愛飲したといいます。 戦地に赴くたびに大量のボトルを必要としたので、シャンパンハウスは軍属として遠征先に赴いていたといいます。   シャンパーニュが現在の地位を得る契機となったのが「ウィーン会議」で、ウィーン会議は「ワーテルローの戦い」で敗れたナポレオ […]
壊れるとき

壊れるとき

    二階用の掃除機を買ったら、一階の掃除機が動かなくなった。 こういうことは、しょっちゅうではないがときどき起こる。 以前働いていた店では、おもての製氷機が壊れたら、裏の製氷機が壊れた。 おもてと裏というのは、建前と本音という意味ではなく、客席と厨房のこと。   あのときは製氷機だった。 製氷機は夏場には集中してつかった。 扉の開け閉めも頻繁になった。 開けたらま […]
とんだ勘違い

とんだ勘違い

  子どもの頃に憧れて、あるいは熱中してみたことで、でも続けられなくてやめたことがある。 そのとき、はとても熱中してそれをしたものだ。 けれど、ゆえあって続けなくなったことだ。 ゆえといってもかんたんで、大人になるにつれてしなければならなくなった勉強や仕事に、つかえる時間のほとんどすべてを占領されたからだ。   そのときは、でも自分でも納得してやめたことだ。 そうして、べつなこ […]
箱を開ける

箱を開ける

    ある日、玄関先に見慣れぬ箱があった。 非常食の小さな段ボール箱で、マジックで日付らしきものが書かれてあった。一見して我が家からでてきたものではないのがわかった。 夫とふたりで見つけ、お互いに憶えがなかったので、母がごみの日にだそうとして置いているものだと結論付けた。 捨てるものを入れるのにちょうどいい大きさの箱がたまたま非常食のそれで、スーパーかどこかでもらってきてそう […]