『食の歴史』と国民を食らって生き延びる日本

『食の歴史』と国民を食らって生き延びる日本

  ヒトはヒトを食べてきた。 それを正当化するための心理的な理由(愛ゆえだとかなんとか)は、しかしヒトならなおさら、そんなものは言い訳だとわかるはずで、なぜ理性をもって止めることができないのだろう。 危機的状況においてはともかく、生贄や人身供養など、目的が死なないためではなく、生きている人間がよりよく生きるためにほかの人間に生きることを強制的に止めさせるというのは利他主義の強要で、その歪 […]
「ラビと村人」と人びとを無知のままにしておきたい独裁者

「ラビと村人」と人びとを無知のままにしておきたい独裁者

  2020年2月、中国では、すべての宗教活動が国家の管理下に入るという法律「宗教団体管理弁法」が制定された。 以前から当局の許可なしには聖書の学習会もできず、許可を得るためには当局が認めた宗教指導者のもとで当局認定の聖書を使う必要があったことが、正式に法律で定められたものだ。 中国政府から宗教団体の公認を受けた教会は、牧師や神父が説教の中で共産党をたたえることや、政府幹部との会食に参加 […]
「動物の王になりたかった蛇」と、人類の王になりたかった中国共産党

「動物の王になりたかった蛇」と、人類の王になりたかった中国共産党

  紀元前20世紀、中国の歴史に、突如「九夷」という異国人が現れた。 九夷には、旧約聖書に書かれているイスラエル12部族との共通点がみられた。 紀元前8世紀、西アジアでイスラエル王朝が滅亡し、逃れてきた民は中国人と合流して一大勢力となった。 紀元前6世紀の中国で、孔子はユダヤ教を儒教として編纂した。   儒教を源とする中華思想はユダヤ教が源である。 孔子は古代の夏王朝と殷王朝を […]
『儒教 怨念と復習の宗教』と、みじめな孔子の復讐心による詐欺師的人生

『儒教 怨念と復習の宗教』と、みじめな孔子の復讐心による詐欺師的人生

  新型コロナウィルスの感染は、オリンピックが延期になり中止を免れたとたん、東京都で多数の感染者が現れるようになった。 発生源の中国・武漢では、5日連続で新たな感染者はいないと発表している一方、移動制限を解かれた中国湖北省の市民の入境を拒む江西省で、両省の警察が衝突を起こしている。 起きていることから想像すれば、東京都はオリンピックのためにその数を隠ぺいしていたのだろうし、湖北省でも感染 […]
戦時統制命令という名の個人財産徴用とカルト宗教における献金推奨、および自分自身が神に等しいと自称する者の正体

戦時統制命令という名の個人財産徴用とカルト宗教における献金推奨、および自分自身が神に等しいと自称する者の正体

  中国・武漢発の謎の肺炎は世界中に感染者を増やしつづけ、武漢のある湖北省では中国史上初めてとなる「戦時統制命令」が発令された。 また湖北省に次ぐ新型コロナウィルスの流行地域となっている広東省は、人民代表大会常務委員会による緊急会議で「新型コロナウイルス防疫工作を全力でこなすための決定」が通過し、企業や個人の不動産、交通道具、設備などの徴用を可能にすることを決定した。 この決定に基づき、 […]
『そして安倍晋三は終わった』単行本発売のお知らせ

『そして安倍晋三は終わった』単行本発売のお知らせ

  『そして安倍晋三は終わった』(電子書籍版上下巻)は、2020年2月1日にPOD版単行本として刊行されます。 ご購入はAmazonか、あるいは取り寄せに対応している全国の書店、または図書館で取り寄せることが可能です。 いまの日本は何かがおかしいと思っている方は、一読していただければその原因を知る一端になり得ると思うので、ぜひお手に取ってくださるとうれしいです。   多くの方は […]
vol.7『呪われた中国人』と人食い儒教の国・中国、および日本に浸透する儒教思想

vol.7『呪われた中国人』と人食い儒教の国・中国、および日本に浸透する儒教思想

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.7です。 vol.6までは以下からごらんください。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5 ・vol.6   儒教は人食い教である。 『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』の黄文雄は、『呪われた中国人』でこうも書いている。 […]
vol.6『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』と中国・武漢で相次ぐ原因不明の肺炎

vol.6『なぜ食べ続けてきたのか!?「食人文化」で読み解く中国人の正体』と中国・武漢で相次ぐ原因不明の肺炎

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.6です。 vol.5までは以下からごらんください。 ・vol.1 ・vol.2 ・vol.3 ・vol.4 ・vol.5   日本が「近代国家」に生まれ変わる発端となった明治維新は、教科書やテレビでいわれるような美しいものではなく、実体は吉田松陰らが松下村塾で共有した儒教的思想 […]
vol.3『最終目標は天皇の処刑』と中国共産党による浸透工作

vol.3『最終目標は天皇の処刑』と中国共産党による浸透工作

  『そして安倍晋三は終わった』を書くにあたり、引用・参考にした文献・資料を紹介するコーナーのvol.3です。 vol.2までは以下からごらんください。 ・vol.1 ・vol.2   日本人であること、あるいはなに人であるかがわからないために親しみ方がわからないことはあるにせよ、日本人だという理由だけで嫌悪されるとは思ったことがなかった。 「日本」と「嫌悪」という単語はそれま […]
Latest entries
『ヒトはなぜヒトを食べたか 生体人類学から見た文化の起源』と父親との愛憎のもつれの再現としての戦争

『ヒトはなぜヒトを食べたか 生体人類学から見た文化の起源』と父親との愛憎のもつれの再現としての戦争

  世界で続々と発令される緊急事態宣言が、日本でも発令された。 中国では多くの人民解放軍が北京に入り、北京は内戦状態にあるといわれている。 「非常時」には流通も限られ、いつもどおりの食糧を確保できなくなるということにもなるが、中国で食糧が不足したときに起きたのが食人だ。 孔子は儒教で「仁」という人を愛することや、「礼」という秩序を重んじたが、それは博愛や思いやりにとどまらない、いわば「目 […]
『ユダヤ人、世界と貨幣 一神教と経済の4000年史』と社会主義国たるエデンの園

『ユダヤ人、世界と貨幣 一神教と経済の4000年史』と社会主義国たるエデンの園

  武漢コロナウィルスの感染が世界中に拡大したことは、わたしたちの生活にわりと長く続く変化をもたらしたことだった。 これまで当たり前だと思っていたことが、当たり前にできなくなった。 そのひとつが外出で、その延長線上にあるのが旅だ。 日本では、海外からの入国者に対し、入国後2週間の待機と公共の利用の自粛を要請している。 強制力も罰則ない要請を、発生直後から情報を隠ぺいして感染拡大の抑制に協 […]
『中国 封印された超常現象』と、神に欺かれた中国共産党

『中国 封印された超常現象』と、神に欺かれた中国共産党

  新型コロナウィルスの感染が収まっていない中国で、中国共産党は、こんどは穀物の安定供給を「国の統治における重要事項」「安定的な穀物生産」と強調し、穀物生産用の農地を確保し、水田には強制的に稲を植えさせているという。 一方で、中国ではサバクトビバッタの襲来が警告されている。 「草に至るまですべてを食べつくす」蝗による害が発生すると、中国では穀物価格の高騰を引き起こす可能性があるという。 […]
『日本掠奪 知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態』と、大量殺人を人類の進化と考える人たち

『日本掠奪 知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態』と、大量殺人を人類の進化と考える人たち

  中国人は、自分の利益のために嘘をつくのに抵抗がないという。 江沢民の時代には、「村の連中は村役人を騙し、村役人は県役人を騙し、県役人は国務院を騙し、2億人は騙しテクニックを訓練中で、10億人が騙しを金儲けのテクニックだと考えている」と言葉も流行したほどで、「記者の95%以上が賄賂で動く」といわれている。 官僚の上層部から下層部まで不正と腐敗が進み、正義も道徳も消え失せて巨大な利益集団 […]
『あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ』と、「共産主義のために一生奮闘し、命まで貢献し、永遠に共産党を裏切らない」と宣誓させて洗脳し、侵略を正当化する中国共産党

『あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ』と、「共産主義のために一生奮闘し、命まで貢献し、永遠に共産党を裏切らない」と宣誓させて洗脳し、侵略を正当化する中国共産党

  儒教でいうところの「仁」で、人を愛し思いやることを「五常」のなかでも最高の徳目とした孔子は、しかしその崇高なイメージとは正反対に、復讐心に満ちた詐欺師的思想の持主だった。 孔子学院とは、中国政府が各国の大学などと提携して設立している教育機関で、中国語教育や中国文化普及を通じた友好促進をうたっている。 中国共産党国務院教育部(日本の文部科学省)管轄の中国語教育機関で、世界各国に350以 […]